1. >
  2. ウィッグはお洒落に必須

ウィッグはお洒落に必須

コスプレには勿論のこと、様々なファッションをより楽しむことのできる、素晴らしい材料だと思います。

夏場の蒸れや、ずり落ちないための固定のしかたによって生じる締め付け感、絡まりやすい等難点は多々ありますが、自身の頭髪を痛めつけることなく、手軽にヘアカラー、ヘアスタイルを変えることのできる、画期的なアイテムです。

最近では、優れた耐熱性により、ヘアアイロンでの調整も容易になっています。いかにも、なウィッグ感も減り、日々使いやすく進化していると思います。

沢山持っている友人に借りてみよう。

なりたい髪型があっても、理由があり(仕事など)、なかなか実現できない人にとってみたら、ウィッグは魅力的なものだと思いますし、とても良い商品だと思います。

私の友人でショートカットの子は、ロングヘアのウィッグを使用したり、パーマのウィッグを使用したりしている姿をよく見ています。

私は前髪がもう何年も長くて、でも切る勇気もないので、前髪があるウィッグを使用してみたいなと密かに思っているので、友人に聞いて、あったら借りてみようと思います。

簡単にイメージチェンジ!

私は地元のお祭りの時に使用しました。お祭りの時は朝とても早く美容室にセットにも行けないし前の日に美容室でセットしても寝る時に気を使うのでウィッグはとても便利でした!

元々ウィッグにウェーブがかかっているものでもウィッグ専門店には可愛い髪飾りやターバンなど売っていたので自分仕様にアレンジが出来てお祭りの時には人と被らない世界に一つのウィッグに出来てとても良かったです。

簡単にイメージチェンジが出来る事もウィッグに合わせた化粧をしたりするのもすごく楽しかったです!

今は子供が生まれて腰まであった髪をショートカットにしてロングが恋しくなったりしますがエクステをするとなるとお金も時間もかかるし子供と遊ぶ時に外せないのでロングヘアのウィッグを買おうと思っています。

ウィッグは色んな年代の方でも気軽に試せて時間と手間がかからなく簡単にイメージチェンジ出来るのがとてもいいと思います。

初心者向けウィッグの選び方

職場が髪染め禁止の為にオフの日にウィッグで遊びに出かけた事があります。

茶髪程度なのですが、髪の色に合わせてメイクを少し濃く。

普段と全く違うイメージでのお出かけになりましたがやはり頭はすこし痒くなりますね。

長めのウィッグだったので肩の鞄をずらす度に再度調整、以外と大変です。

最初は襟足ウィッグ、ポニーテールウィッグで慣らすのもありです。

ただ襟足ウィッグは予想より元々の髪の毛との段差が気になるので試着できるなら積極的に。

若いなら低めツインテールが自然になりとっても可愛いです。

ウィッグにも色々種類が有ると思いますが自然さ重視なら毛色のミックスされたものや根本が黒っぽいものだといいです。

ちょっと試してみたいなぁ、という方でもとっっても安い1000円台のものはハロウィンや宴会で使う以外はやめておきましょう。

実は安い分ウィッグ感が出てしまうのでウィッグへの苦手意識が余計に強くなります。

高いものと言うと限度が無くなりますのでむずかしい所ですが、アイロン、コテが使える180度耐熱の物が使いやすいと思います。

もしもなんだか合わないなぁ、と思っても調整が出来るのでオススメです。

通販が安くて使いやすいです。

お店だと5000円~のウィッグが多いですが、通販だと3000円~のウィッグが豊富です。